« 消えゆく川原湯温泉 | トップページ | ぐい呑みコレクション/2 »

2012年6月14日 (木)

「稲倉の棚田」の夕暮

「稲倉の棚田」の夜明けや夕暮れを撮影しようと思っています。その下準備として日の沈む方向を確認してきました。

地図で確認はしていたのですが、やはり写真撮影に都合よく太陽は昇ったり沈んだりしてくれないようですね。

天気が悪く、遠い山々は霞んでいましたが、テスト写真を撮ってきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588

日暮れとともにカエルの大合唱でした。

山の中で一人ぼっちの夕暮。心細いやら怖いやら・・・。

また晴天の時に改めて撮影に行く予定です。 

|

« 消えゆく川原湯温泉 | トップページ | ぐい呑みコレクション/2 »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~o(*^▽^*)o いい~~っ
以前に見せていただいた棚田と全然雰囲気が違って 
すごくいいです~~二枚目のお写真のブルーな感じは
自然色?それとも加工? どちらにしてもステキです。
一人でこの景色をずーっと見てたら淋しくなりそうだけど 
二人とかで見ていたら めちゃウットリしそうですね
で、このまま夜になって 三枚目の夜景を楽しめて・・・いいですね~

投稿: mik | 2012年6月14日 (木) 08時15分

mikさん お早うございます。
写真は、撮影したままです。30分くらいの時間でも雲の流れや光線の関係で撮影の時は気づかないのに後でビックリというショットがあって楽しいです。
2枚目の写真もカメラのモニターではそれほどでもなかったのですが、パソコンに取り込んでから分かりました。この1枚のショットだけこの色が出ました。
シャッタースピード、ISO、絞りなどいろいろな条件で撮影したので、条件が重なったんでしょうね。全部で30ショットくらい撮影しました。
たまたまの産物なので、写真の腕とはこういうことなんだろうなと痛感しています。いい勉強になりました。写真データは今後の参考にします。
今のカメラは性能がいいので、結構暗くてもオート撮影だと昼間のような写真になっちゃうので、この時間帯はオート撮影は出来ないので、腕と経験が出来栄えに左右しますよね。
夜景って、結構気分をハイにするので、ここはカップルには最高の穴場かもしれませんね。
最近は設備も整って、あずま屋もあるし、トイレもあるし、棚田の一番高い所に展望駐車場も出来ています。去年、棚田百選に選ばれたので、これから知名度があがりそうですね。

投稿: 浅間通信員 | 2012年6月14日 (木) 09時23分

ここは遠くに街明かりが見えますね。 真っ暗では少し不安ですが明かりが見えると
安心できます。 新城市四谷の千枚田にあった歌碑を思い出しました。
”千枚田 植えて 天まで水明かり ” 下記の記事より
http://kosai-art.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-7004.html

投稿: たかchan | 2012年6月14日 (木) 19時52分

たかchanさん こんばんは。
新城市四谷の千枚田の記事を以前拝見していました。ハートの形が印象に残っています。ブログアップしてから日数が経過していたので、コメを登録しませんでした。
全国には沢山の棚田が存在しているようですが、同時期に棚田に訪れていたようですね。
稲倉の棚田も、紹介している部分の上段に更に連なっているのだそうですが、荒れてしまっているらしいです。道路が横切っていて知りませんでした。
棚田は、利用の存続や保存が大変らしいですね。保存に関わっている方々には敬服します。

投稿: 浅間通信員 | 2012年6月14日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「稲倉の棚田」の夕暮:

« 消えゆく川原湯温泉 | トップページ | ぐい呑みコレクション/2 »