« 追憶 「屋代線」 | トップページ | 湯の丸つつじ 2012開花情報/最新版 »

2012年6月21日 (木)

長野原線 51系電車

1945年から1971年まで、現在の「吾妻線」は、「長野原線」という名前で営業をしていました。

1971年、終点の「長野原駅」から「万座鹿沢駅」そして、終点の「大前駅」までが延長開業され、「吾妻線」と改名されました。

その、「長野原線」時代に終点だった「長野原駅」は、1991年に「長野原草津口駅」に改名されました。

私のブログタイトルの写真も、この「長野原草津口駅」のホームから撮影したものです。

きょうは、旧名の「長野原駅」の方向札を入れた古い電車の写真が有りましたので紹介します。

懐かしい長野原駅行きの方向札が入った51系、クハ68形です。色はスカ色と呼ばれているブルーとクリームの車両でした。

貫通扉はあるものの、連結幌のない完全な先頭起動車ですね。この形の車両は、多岐にわたって種類が多く、改造も多く行われたようです。運転席側だけがHゴムでユニークですね。

Vcm_s_kf_repr_587x886

時代を感じる車両ですね。たぶん、始発駅に当たる高崎駅のどこかで撮影したんだと思いますが、当時は現在「撮り鉄」と言われている人があまりいなかったので、安全な所は許可を得れば比較的自由に撮影させてくれました。まだ鉄道に興味を抱き始めていた入口だったのでさほど力を入れて撮影しなかったので撮影枚数が少なく、今となっては後悔しきりです。紹介の車両も、この正面からの一枚しかありませんでした。

現在進行中のブログでこれほど過去の写真が貴重になるとは考えてもいませんでしたからね。だから、今を一生懸命記録しようと思っています。

最近まで「長野原草津口駅」のホームは、島式の上下2線式でしたが、最近駅の改装のために1番ホームの末端が車止めで閉鎖になっており、下り線側と遮断されてしまいました。

今までは二階から階段でホームへ降りたのですが、現在は車両止めの後ろを通って一階から直接ホームへ行けるようになっています。改装のための仮設なのかは不明です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

この1番線の隣では工事が始まっていました。駅を新築するのでしょうか。

こちらの写真は、「長野原草津口駅」を出発する普通列車です。上野側から見た様子です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2 

|

« 追憶 「屋代線」 | トップページ | 湯の丸つつじ 2012開花情報/最新版 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野原線 51系電車:

« 追憶 「屋代線」 | トップページ | 湯の丸つつじ 2012開花情報/最新版 »