« 今年も始まる「群馬ディストネーションキャンペーン2012」 | トップページ | 草津白根高原の夜明け »

2012年6月29日 (金)

追憶 「屋代線」/2

廃線後の屋代線。その後の様子が気になるところですが、紹介する写真は廃線から9日目の様子です。

こちらは大室駅横の踏切ですが、電車も走っていないし、踏切の機能は無いのですが、まだ半数くらいの車がきちんと一時停止していました。

すでに遮断機と警報機は外されて傍らに横たえてあり、そこに代替えの路線バスが駅の横を通過していきました。屋代線がどんどんと過去のものになっていくような気がして、なんとも寂しい光景に見えました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

こちらは松代駅構内の線路です。運行中は絶対立ち入れない線路敷ですが、野草かなにかを採っていました。隔離されていたスペースがだんだんと生活のフィールドに取り込まれていきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

そして、こちらも駅の前を通過していくバスがありました。だんだんと生活スタイルがかわっていくのですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

電車の来ない乗車口。線路はすでに赤茶けていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

定期的に訪れて廃線後のさまを見届けていきます。   

|

« 今年も始まる「群馬ディストネーションキャンペーン2012」 | トップページ | 草津白根高原の夜明け »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追憶 「屋代線」/2:

« 今年も始まる「群馬ディストネーションキャンペーン2012」 | トップページ | 草津白根高原の夜明け »