« 吾妻線 新第三吾妻川橋梁 | トップページ | ビートルズ「アビイロード」ジャケット写真 »

2012年5月12日 (土)

上田交通「真田傍陽線」廃線跡

今日、40年も前の1972年に廃止となった上田交通の真田傍陽線(さなだそえひせん)の廃線跡を撮影してきました。

母曰く、一緒に一度だけ乗ったことが有ると言うのですがまったく記憶にありません(歳がばれる)。走っている姿も、辛うじてかすかに記憶にある程度です。

この路線は、長野県上田市の上田駅から北東方面の真田町までの12.8Kmを結ぶ路線でした。途中の本原駅から二股に分かれた先が傍陽までだったため真田傍陽線と呼称されていました。

こちらが真田線の終点「真田駅」跡です。右側の道路は線路が現在はバイパスとなっている線路跡です。上田方面を向いています。

Vcm_s_kf_repr_882x588

撮影した後ろは、バスの待合所になっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

こちらがホームの跡で唯一現存するものです。高さは道路や歩道の高さが上がっているせいか低くなっていますね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

こちらは、反対側から撮影したものです。ホーム下が一部空いていたようですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

駅の相向かいに当時から有ったであろう立派な建物が建っていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

真田駅を後にして、この駅から3番目にあたる「北本原駅」跡に行ってみました。

現在も、「駅前食堂」の名で食堂が残っています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

しゃれっ気のある看板ですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_8

鉄道の駅に取って代わったバス停は、名称も変わっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

以上の2か所の駅跡は以前から知っていましたが、まだ廃線跡が色濃く残っている所があるということなので、少しずつ訪れてみようと思っています。    

|

« 吾妻線 新第三吾妻川橋梁 | トップページ | ビートルズ「アビイロード」ジャケット写真 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

廃線跡らしい寂しさが感じられます。40年前にしてはしっかりしてますね。

投稿: 山の風 | 2012年5月13日 (日) 03時36分

山の風さん こんばんは。
この鉄道もしっかりとした記憶が残っていれば、時代と共に変わっていく様子を実感できるんでしょうけど、殆ど記憶が無いので残念です。
日本全国に廃線になってしまったところが沢山ありますが、やはりそこには寂しい景色が広がっていますよね。
今も廃線になりそうなところが沢山ある様ですね。寂しい限りです。

投稿: 浅間通信員 | 2012年5月13日 (日) 20時57分

こんばんは、私が以前買った本に鉄道ライターの「南正時」さんの「失われた鉄道100選」と言う本がありまして、真田傍陽線も紹介されていました。上田駅前の東急インが元の駅で、上田城のお堀を通って真田方面に向かっていたようです。他にも小諸から布引電気鉄道という鉄道もあったようですね。最近、鉄道の廃止が多くて・・・1鉄道ファンとしては、ザンネンでなりません。

投稿: たーぼぅ | 2012年5月13日 (日) 21時03分

たーぼぅさん こんばんは。
真田傍陽線の廃線跡が現在は一部新しい道路として使われていますが、昔の道路の記憶は父の車で何度か走っているので有ります。
その道路の脇を電車が走っていた記憶もあるのですが、今ほど電車に対して興味が有ったわけではないので記憶が希薄で残念です。
上田駅の記憶も僅かに残っていますね。
最近、昔の路線をGoogleの地図に落とし始めました。完成したら現場を少しずつ訪れてみたいと思っています。この作業が結構面白いんですよ。

投稿: 浅間通信員 | 2012年5月13日 (日) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上田交通「真田傍陽線」廃線跡:

« 吾妻線 新第三吾妻川橋梁 | トップページ | ビートルズ「アビイロード」ジャケット写真 »