« 吾妻線の記録/2 | トップページ | 愛妻の丘 2012 »

2012年5月28日 (月)

吾妻線の記録/3

今日は、吾妻線の新線への分かれ目にあたる松谷下組踏切を紹介します。

Vcm_s_kf_repr_588x882

右奥には新吾妻川第二橋梁が見えます。その橋梁から踏切に向かって線路敷がゆるやかにカーブして出来上がっていました。(右側の現行線路と橋梁の間の平坦な部分)

下り電車が「松谷下組踏切」に差し掛かるところです。新線にに切り替わると現行の踏切の位置もやや左側に移動になると思われます。

既に、新線用の新しい線路が運び込まれ、ブルーシートが掛けられていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

踏切から逆向きの上野方面の風景です。今話題の185系湘南色の特急草津号です。

この当たりから切り替えられ、新線側へとゆるやかにカーブしていきます。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

このような現行の線路を走っている姿もしばらくすると見られなくなりますね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

Vcm_s_kf_repr_882x588_4   

|

« 吾妻線の記録/2 | トップページ | 愛妻の丘 2012 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~去年の夏に北軽井沢の親戚の家に行ってきましたが、この辺りの食堂で夕食を食べた記憶があります。吾妻線はこの親戚の家に行くのに何回か利用しましたが、川原湯温泉のあたりの渓谷美が失われてゆくことを考えると少しさみしいですね。吾妻線の記憶の記事。また楽しみにしております。
あっ記事にコメントありがとうございます。185系もカラーバリエーションが増えましたね。今度特集を組んでみようかなぁ・・・

投稿: たーぼぅ | 2012年6月 2日 (土) 15時29分

たーぼぅさん こんばんは。

吾妻渓谷の新線は、この地が急傾斜地が多いためほとんどがトンネルになってしまい、渓谷の紅葉は楽しめなくなるようですね。
碓氷峠の新幹線が殆どトンネルになってしまったのと同じですね。安全面を考えるとそうなっちゃうんでしょうかね。
これからも吾妻線の色々な所を紹介していきますので、たーぼぅさんの知っている所が出てくるかもしれませんね。

投稿: 浅間通信員 | 2012年6月 2日 (土) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻線の記録/3:

« 吾妻線の記録/2 | トップページ | 愛妻の丘 2012 »