« 屋代線 廃線まで10日 | トップページ | 屋代線 それぞれのお別れ »

2012年3月23日 (金)

屋代線 隠れた最終電車

31日の屋代線廃線にともない、須坂駅発・松代駅行きの最終電車の車両が、2000系(愛称:りんご電車)の特別列車に変更なるようです。

Vcm_s_kf_repr_612x848

ということは、通常運転されている3500・3600系(旧地下鉄日比谷線3000系)の車両の走り納めは、前日の30日、ひょっとするともっと早くなるかもしれません。

ということで、今のうちに3500・3600系の終電を記録するため須坂駅に出掛けてきました。

この電光掲示案内板は、屋代線の表示や案内が31日で無くなります。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

4番線には既に最終便の愛称くじら号が入線していました。

Vcm_s_kf_repr_882x588

4番線ホームから進行方向の屋代方面です。須坂駅ではもうお馴染みの10系OSカーが展示停車しています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2 

21時46分、ヘッドライトが点灯し、いよいよ発車です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

進行方向の景色がヘッドライトで浮かび上がりました。10系電車が見送りをしてくれるように闇から現れました。信号も赤から青に変わってますね。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

10系の横をすり抜け、終電は去っていきました。こんな風景もあと数日です。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7  

|

« 屋代線 廃線まで10日 | トップページ | 屋代線 それぞれのお別れ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

やはり廃線は寂しいですね

投稿: 山の風 | 2012年3月23日 (金) 22時04分

山の風さん おはようございます。
おっしゃる通りですね。
なぜか、ファインダーから見える風景が日増しに寂しさを増しています。
私は、屋代線の思い出は生活に密着していなかったため無いのですが、鉄道ファンとして寂しい限りです。

投稿: 浅間通信員 | 2012年3月24日 (土) 07時04分

先日、友人が屋代線を写真に収めようと旅行をしてきたそうです。あと1週間ですね、いよいよ終わりが近づいてきていますね。と同時に、「十和田観光電鉄」も廃止になってしまいますね・・・地方の鉄道は衰退してゆくのみなんでしょうか・・・さみしいです。

投稿: たーぼぅ | 2012年3月24日 (土) 07時29分

たーぼぅさん こんばんは。
屋代線の廃線まで、残り1週間となってしまいましたね。
各地から熱心な鉄道ファンが廃線を惜しんで訪れているようですよ。
ローカル線が次々と姿を消していきますね。
時代は車社会に、そして少子化、高齢化と電車を利用する人が減っているので、時代の流れでしょうか。
屋代線も最終日まで安全に運行されるのを祈るばかりです。これからの残り1週間、特に最終日の熱狂が心配です。
鉄道ファンが、安全運行を阻害しては笑いものですよね。

投稿: 浅間通信員 | 2012年3月24日 (土) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 屋代線 隠れた最終電車:

« 屋代線 廃線まで10日 | トップページ | 屋代線 それぞれのお別れ »