« 湯の丸 百体観音 第47番「如意輪観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第49番「十一面観音」 »

2011年12月 2日 (金)

湯の丸 百体観音 第48番「十一面観音」

「湯の丸百体観音」は、第48番「十一面観音」です。

風化によって欠けてしまってます。よく見ると、顔にもヒビが入ってますね。心もち悲しそうに見えるのは私だけでしょうか。

左手には、如意宝珠(にょいほうじゅ)を持っているようですね。これは、厄除けと、衣食住に必要な何でも取り出せる壺です。とりわけドラえもんのポケットのようなアイテムですね。橋の欄干などについているネギ坊主のような形の物は、この宝珠を真似たもので、ネギ坊主のような形なので、如意坊主などとも呼ばれているようです。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

こんな風景の所に祀られていました。左側に居ますよ。

今頃、雪の帽子を被っているかもしれません。

Vcm_s_kf_repr_882x588

|

« 湯の丸 百体観音 第47番「如意輪観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第49番「十一面観音」 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

たぶん・・・想像ですが、この道路を作る為に退かされたのではなかろうか??
出なければ「不自然な場所」に在りますものね。

だって今までのは人と寄り添って生きてるところに在りましたから。

壺を持っていらっしゃる姿の仏像は「薬師如来」かと思っていましたよ。
その壺・・・私も欲しい!!!!(笑)

投稿: おさかな | 2011年12月 3日 (土) 22時02分

おさかなさんが言われた通り、昔はこの観音さまの高さに道があったと思うのですが、車社会になって坂道を緩やかにするため、堀割ったり広くしたりしてこの場所に取り残されちゃったんでしょうね。中には石垣の上、なんて場所に居たりする観音さまも居ますから可哀そうですね。

投稿: 浅間通信員 | 2011年12月 4日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸 百体観音 第48番「十一面観音」:

« 湯の丸 百体観音 第47番「如意輪観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第49番「十一面観音」 »