« 湯の丸 百体観音 第33番「千手観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 »

2011年11月17日 (木)

寅さんの故郷、「葛飾柴又」

東京に出掛けていたため、2日ほどブログをお休みしました。

最近は、東京へ出掛ける度に用事を済ませるだけでなく、あちこち散策しようということで、今回は映画でお馴染みの「フーテンの寅さん」のふるさと葛飾そして「柴又帝釈天」まで足を延ばしてみました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

日帰りでも用事は済ませたのですが、前記のような思いがあったので一泊して翌日の朝からこちらに出掛けました。ちょっと朝の行動が早すぎたため、参道はまだシャッターの閉まったままのお店がちらほら。そんなため、まず「柴又帝釈天」にお参りをさせていただくことにしました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

立派な山門をくぐり境内へ。「帝釈天」は、建物全体の彫り物がすばらしかったです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588_5Vcm_s_kf_repr_882x588_6

家に帰ってからテレビを見ていると、こちらで数日前に賽銭泥棒があったとのニュース報道があり、びっくりしてしまいました。泥棒も、今頃バチが当たってるでしょうね。

お参りの帰りにお決まりの「御朱印」を頂いてきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

そして、参道へ戻りましたが、まだ参拝者もちらほら、お店も開店前のお店がまだあるので、「とらや」さんでコーヒーと名物「草だんご」を頂くことにしました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_11 

Vcm_s_kf_repr_882x588_9

Vcm_s_kf_repr_882x588_10

「草だんご」は、串に刺してあるのではなく、こんな感じで登場しました。もちもちです。

お土産も「草だんご」を購入しました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_12

そして、参道をスルーして柴又駅まで足を延ばしてみました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_13

柴又駅では、寅さんが帝釈天参道を振り返りながらまた旅に出掛けるところでした。

そして、柴又駅から「寅さん記念館」へ・・・。

Vcm_s_kf_repr_882x588_14

記念館の中は、まさに寅さんの映画「男はつらいよ」の世界が広がっていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_15

Vcm_s_kf_repr_882x588_16

Vcm_s_kf_repr_882x588_17

寅さんがいつも登っていく二階への階段も・・・。

Vcm_s_kf_repr_882x588_18

また映画を見るのが楽しみになりました。

心地よいタイムスリップを体験し、再び帝釈天の参道へ戻り、ひととき参道を散策してから帰路につきました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_19            

|

« 湯の丸 百体観音 第33番「千手観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寅さんの故郷、「葛飾柴又」:

« 湯の丸 百体観音 第33番「千手観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 »