« 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第37番「千手観音」 »

2011年11月20日 (日)

渓流 朝しぼり 金星連続受賞

「限定」この2文字にどうしても気持ちがなびいてしまう

最近「渓流 朝しぼり」という日本酒を見つけた。なんでも国際品評会で毎年金星を連続受賞という日本酒らしい。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2

Vcm_s_kf_repr_553x940 

しかし、なんといっても包装が素晴らしい。新聞紙を正規の包装にしてしまっている。このセンスの良さとインパクトに脱帽してしまった。デザインだけでなく、直射日光を避ける役目もしているとのこと。

この日本酒は、10か月間氷温にてゆっくり熟成させ、日本酒の味の成分、甘味、酸味等をバランスよく引き出した酒通に大変人気のある商品だということです。

毎度のことですが、まだ味見していません。どこかの番組のように引っ張るつもりはないのですが、早いうちに紹介します

|

« 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第37番「千手観音」 »

食物・飲物」カテゴリの記事

コメント

世間では(ウチでも)ボジョレーが幅を利かせていますが(笑)お宅では、これなんですね(^_^)
ところで・・・
この新聞は本物の新聞?
それとも「包装紙用」に印刷した物なのかしら???
むき出しが多い中、ビンに箱ではなく髪が巻いてあるのは昔を思い出します。
昔のお酒は「薄紙」が巻いてあったような気がします。
会社によるでしょうけれど・・・

お酒は呑まないので判りませんが、未だに「特級酒」とか「二級酒」なんて在るのかしら???

投稿: おさかな | 2011年11月20日 (日) 21時43分

ご多分に漏れず、私も「ボジョレーヌーボー」は、購入しましたよただ、世間で当たり前になりすぎているので、あえてブログネタにはしませんでした。
それと、新聞の件ですが、本物の「信濃毎日新聞」が使われていました。第二弾で中身と新聞を紹介しますね。それと、この遠藤酒造場では、珍しい「どむろく」というシュワシュワのスパークリング濁り酒?があって、そろそろヌーボーが出ますので、これも追って紹介します。それと「どぶろく」でなくて「どむろく」という名前も謎です。

投稿: 浅間通信員 | 2011年11月20日 (日) 23時06分

こんばんは^^

‘日本酒の包装’がいいですね~
私、日本酒大好きです飲んでみたいですね
お酒はお料理と一緒に楽しむのが最高です

是非とも感想をお聞かせ下さい♪

‘冷’と‘熱燗’どちらが。。。。(笑)

投稿: ネコ | 2011年11月21日 (月) 22時45分

ネコさんこんばんは。
そーですよね。お酒は美味しい料理が有れば一層ひきたちますよね。
私は、どちらかというと食べないと飲めないタイプなので、肴は不可欠です。
どちらかというと日本酒はあまり飲まないのですが、寒くなってくると店頭で手が伸びてしまいます。
でも、このお酒は、常温か冷やして飲むタイプなんだそうです。
近いうちに飲んだ感想も紹介できると思いますのでお楽しみに・・・。

投稿: 浅間通信員 | 2011年11月21日 (月) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渓流 朝しぼり 金星連続受賞:

« 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第37番「千手観音」 »