« 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 »

2011年11月18日 (金)

湯の丸 百体観音 第35番「聖観音」

今日の「湯の丸百体観音」35番は、「聖観音」です。

「聖観音」は、「観世音菩薩」とも言いますが観音さまの基本となる姿であることはご承知のとおりです。

今日18日は、「観世音菩薩」の「縁日」の日です。この日に「観世音菩薩」にお参りすると普段以上の御利益があると信じられています。

この「縁日」に観音さまをご本尊とするお寺を参拝する人が大勢訪れたため、次第に参道などに沢山のお店が出店するようになりました。その後、このように沢山の屋台で賑わうお祭りのような様のことだけを「縁日」と呼ぶようになったりしています。

この、「観世音菩薩」と会い、かかわることを「有縁(うえん)」といい、ご利益をいただけるのですが、それがないと「縁」がないということになります。

ということで、この18日の「縁日」に「聖観音」を紹介することにしました。

いつも私のブログにご訪問いただきましてありがとうございます。どうかこのブログをご訪問いただいた皆さんに良いご利益がありますように。

Vcm_s_kf_repr_588x882

この「縁日」の紹介が、笹船に乗って、櫂(かい)で漕いでいる珍しい観音さまとなりました。これも「縁」ですね。何か意味があってつくられたのでしょうが、由縁は良くわかりません。頭にもからかさを被っていたようですが、ちょっと欠けてしまったようですね。

Vcm_s_kf_repr_882x588

観音さまはこのように少し傾いてしまっていました。このあたりから山沿いは雪が多く降るため、除雪などによって引っかけられないように左右に目印のポールが立てられていました。

山沿いの「湯の丸百体観音」は、これから沢山の雪で覆われてしまう季節になってしまいます。

|

« 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

傾いているのが・・・また、味なんですよ~
近くで見て、いいなー・・・と思い。
離れた画像に笑いがこぼれる。
立派に「神様」のお役目を果たして居られます。

長い間の風雨にさらされ、欠けたり、割れたり・・・
「神様」の歴史が味になっておられる。合掌

投稿: おさかな | 2011年11月19日 (土) 15時58分

おさかなさんこんばんは。
この観音さんは、「湯の丸百体観音」の中でも異彩を放ったものでした。
一体一体が味が有っていいですね。
仲にはいわれのある観音さまもいらっしゃるらしいので、いろいろ調べてみますね。

投稿: 浅間通信員 | 2011年11月20日 (日) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸 百体観音 第35番「聖観音」:

« 湯の丸 百体観音 第34番「十一面観音」 | トップページ | 湯の丸 百体観音 第36番「聖観音」 わらしべ長者 »