« 沖縄旅行記 その4 「ホテルにて」 | トップページ | 沖縄旅行記 その6 「国際通り」 »

2011年10月 4日 (火)

沖縄旅行記 その5 「沖縄本島編」

沖縄旅行記も今日から「本島編」です。

Vcm_s_kf_repr_882x588

そもそも、旅行記といっても石垣の親戚の所へ行くのが目的だったので、さほど観光らしき行動をとっていません。いつも、親戚のところへお邪魔して、空き時間にちょこちょこっと出掛けるような感じなんです。

そのため、今回は沖縄本島のほうもちょっと観光らしきことをしようということになりました。離島の人たちも灯台もと暗しで、本島の観光をあまりしていない人も多いと聞きます。我々も、けっこう地元の観光地を知らなかったりするのと同じですね。

沖縄では、どうしても今回行きたかった所が有りました。それは、日本の歴史の中で唯一国内で地上戦が行われた場所です。日本人として、この地上戦で犠牲になった人たちに敬意を表して訪れたかったからです。

小学生の時、夏休みの読書感想文の推薦図書の中に「ひめゆり部隊のさいご」という本があり、父に買ってもらいました。そのころから、この「ひめゆり部隊」のことが頭から離れませんでした。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

Vcm_s_kf_repr_882x588_3

ひめゆりの塔と、資料館です。この地上戦は、想像以上の状況だったようです。訪れて、やっと胸のつかえが取れたような気がしました。

そして、もう一か所、最後の戦場となった摩文仁の丘の平和祈念公園へ行きました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

資料館です。この、摩文仁の丘は、その戦場となったときはさとうきび畑だったそうです。森山良子さんが歌っている「ざわわ」の歌は、この場所でできた歌だそうです。

森山良子さんもこの場所の現実を知れば知るほどこの「ざわわ」が歌えなくなり、しばらく封印されていた歌だそうです。森山良子さんのコンサートでこの曲を聴いたとき、涙が出ました。

この地に立ち、「ざわわ」の曲が頭の中で流れ、手を合わせました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_6

摩文仁の丘の前の海は吸い込まれるほどの綺麗な海でしたが、何故か悲しい海に見えました。心が洗われるようで、充実したひと時でした。   

|

« 沖縄旅行記 その4 「ホテルにて」 | トップページ | 沖縄旅行記 その6 「国際通り」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄旅行記 その5 「沖縄本島編」:

« 沖縄旅行記 その4 「ホテルにて」 | トップページ | 沖縄旅行記 その6 「国際通り」 »