« 沖縄旅行記 その7 「那覇のホテルにて」 | トップページ | 草津温泉ジャズフェスティバル »

2011年10月 7日 (金)

自然の1コマ/その30 秋を切り撮る 

1週間「沖縄旅行記」が続いたので、ちょっと一息します。

めっきり涼しくなってしまって、すっかり秋の景色になってしまいましたね。今日は、先日「秋」の風景を捜しに周辺を散策してきましたので紹介します。

長野県東御市奈良原の稲の刈り取られた田んぼとコスモスです。

Vcm_s_kf_repr_882x588_3 

たんぼの近くに実がこぼれ落ちる栗の木が有りました。実の大きい栗だったので、小布施栗でしょうか。

Vcm_s_kf_repr_882x588_2

長野県東御市と群馬県嬬恋村の県境付近の「ナナカマド」の木です。真っ赤な実がスズナリに付いていました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_4

七回かまどにくべても燃えなかったので「ななかまど」という名が付いたそうです。実が沢山付くと大雪になるとか。この木だけで見ると多いような気がするんですが・・・どうでしょうか。

Vcm_s_kf_repr_882x588_5

嬬恋村から見える北アルプスの山々はすっかり雪化粧していました。

Vcm_s_kf_repr_882x588_7

ススキの穂の大合唱です。奥の山は、四阿山(あづまやさん)です。この田代地区は、先日関東地方で初めてマイナスの外気温を観測しました。冬もそこまで来ています。

Vcm_s_kf_repr_882x588_8    

|

« 沖縄旅行記 その7 「那覇のホテルにて」 | トップページ | 草津温泉ジャズフェスティバル »

風景」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
沖縄のお写真お見事、楽しく拝見させていただきました。
秋晴れの下、稲わら干し、今にも落ちそうな栗、
真っ赤のななかまど、ウブなススキ、快い爽やかな秋ですね。

投稿: アットマン | 2011年10月 8日 (土) 12時10分

アットマンさんこんばんは。
沖縄のブログ訪問有難うございます。
後日、続きをアップしますので、宜しかったらまたご訪問ください。
秋も通り越しそうな寒さですが、あの夏の暑さはどこに行っちゃったんでしょうかね。
秋の風景は変化が有って面白いですね。一気に寒くなったので、今年の紅葉は色づきがいいかもしれませんね。

投稿: 浅間通信員 | 2011年10月 8日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自然の1コマ/その30 秋を切り撮る :

« 沖縄旅行記 その7 「那覇のホテルにて」 | トップページ | 草津温泉ジャズフェスティバル »