« 和みのアイテム | トップページ | 長野電鉄屋代線の秋 »

2011年10月12日 (水)

湯の丸 百体観音 第3番「千手観音」

湯の丸百体観音の第3番は、「千手観音」です。

こちらの観音さまも、六観音のうちの一尊です。千手観音も昨日の観音さまと一緒で十一面を持っているようです。千本の手と十一の面ですから、どんな苦難にも守っていただけそうですね。

通常、実際にに千本も付いている仏像はあまり有りませんが、大きな仏像になると正面で合掌している二本を除き四十本あるようです。これは、一本の手が二五の力が有るということで千手観音は、四十二本が正式の姿のようです。

Vcm_s_kf_repr_611x850

三番の「千手観音」は、滋野神社の入口にひっそりと安置されていました。右側の小さな石仏です。

Vcm_s_kf_repr_588x882

ご覧のように、百体すべてに番号と名称が掲げられています。たまに、陰にかくれていたりして、通り過ぎて番号が飛んでしまうことがあり、引き返すこともありました。ひっそりとたたずむ姿が愛おしくなります。

Vcm_s_kf_repr_588x882_2   

|

« 和みのアイテム | トップページ | 長野電鉄屋代線の秋 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸 百体観音 第3番「千手観音」:

« 和みのアイテム | トップページ | 長野電鉄屋代線の秋 »