« 長野電鉄屋代線の秋 | トップページ | 白根山の湯釜 »

2011年10月13日 (木)

湯の丸 百体観音 第4番「十一面観音」

4日目の観音様は、「十一面観音」です。2番の観音さまと同じですね。前にも紹介したとおり、六観音のうちの一つです。六観音は、1番から3番まで紹介した「如意輪観音」「十一面観音」「千手観音」と、そのほかに「聖観音」「馬頭観音」「准胝観音」があります。迷い有る者は、六道といわれる六つの世界を輪廻するといわれていて、そのそれぞれの世界の人々をこの六観音が救うとされています。

Vcm_s_kf_repr_581x896_2

上の写真では分かりづらいですが、撮影中ずっと観音様の頭に赤とんぼがとまっていました。迷いのある赤とんぼだったんでしょうかね。

Vcm_s_kf_repr_588x882

この観音様は、こんな大きな石の上に鎮座していました。

Vcm_s_kf_repr_882x588   

|

« 長野電鉄屋代線の秋 | トップページ | 白根山の湯釜 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯の丸 百体観音 第4番「十一面観音」:

« 長野電鉄屋代線の秋 | トップページ | 白根山の湯釜 »