« 自然の一コマ/その9 霧の静 | トップページ | 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ »

2011年6月16日 (木)

鉄道模型 EF81形電気機関車

昨日、「トワイライトエクスプレス」の写真撮影の話をしましたが、札幌まで乗り入れている寝台特急は、この大阪発の「トワイライトエクスプレス」のほかに、太平洋側には、上野発の「北斗星」と「カシオペア」があります。共に、牽引の機関車は、当初EF81形だったのですが、後者の太平洋側は、昨年EF210形の新鋭機に代わってしまいました。そのうち「トワイライトエクスプレス」も変わってしまうのでしょうか。

今日は、私の所有している鉄道模型でそのEF81形機関車を紹介します。

Img_14202              この5両すべてEF81なんですよ。

Vcm_s_kf_repr_884x589          関門トンネル専用の塩害対応のステンレスボディーの車両

Vcm_s_kf_repr_884x589_2          JR東日本標準カラーのEF81。西日本は、ピンクです。

Vcm_s_kf_repr_884x589_3 「トワイライトエクスプレス」専用機関車。車内で1,000円ほどのおもちゃの機関車を販売しています。そういうこちらもおもちゃと言ってしまえばそれまでですが、とても1,000円では買えません。

Vcm_s_kf_repr_884x589_4           「カシオペア」専用機関車

Vcm_s_kf_repr_884x589_5          「北斗星」専用機関車

Vcm_s_kf_repr_1026x506札幌行きの寝台特急は、札幌に着くまで2回機関車の交換を行います。

Vcm_s_kf_repr_884x589_6青函トンネル専用機関車「ED79」。ちょっと小型の機関車ですが、青函トンネルだけの機関車なのでこの機関車で充分だそうです。青函トンネル独自の安全装置を装備し、この機関車以外は、トンネル内を走行できません。

Vcm_s_kf_repr_884x589_7道内は、電化されていない区間があるため、この「DD51」ディーゼル機関車の2両での重連で札幌まで牽引します。北斗星カラーです。

最近次々と新鋭機に変換され、旧型車は、運のいい車両は交通博物館などに保存されますが、そのほとんどが解体されていきます。ゆえに、写真を撮って残しておきたいんですねー。   

|

« 自然の一コマ/その9 霧の静 | トップページ | 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

関門トンネル用の塩害対策ボデイは知りませんでした!
トンネルなのに・・・塩害???
北斗星は死ぬまでに乗ってみたい~
以前、テレビでタモリさんが乗っている番組を見て「いいな」ってね!一番後方車両!後ろが見えてる(当たり前だけど)
日本で一番豪華な列車の旅みたい~
素敵なのよね(*^_^*)

投稿: おさかな | 2011年6月16日 (木) 23時49分

おさかなさんおはようございます。
その昔、博多までブルートレインで行ったことがあります。ガクッと停車のショックで目が覚めた時、何所だろうとカーテンを開けると、「広島」のホームの表示が目に飛び込んできました。一つ一つが電車の旅は記憶に残る気がします。今はもう寝台特急も少なくなってしまいましたね。ゆっくり電車の旅もいいものです。
それと、関門トンネルの塩害対策車両ですが、関門トンネルは、海水が天井からポタポタと染み出て垂れ、トンネル内は湿度がかなり高いそうです。そのための対策とのことだそうですよ。
羽田空港から北海道も九州も1時間30分もあれば行けちゃいますけど、豪華な寝台特急で優雅に旅行なんていいですね。暇とお金がないとだめかなー。定年になったらかんがえようかな。

投稿: 浅間通信員 | 2011年6月17日 (金) 08時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道模型 EF81形電気機関車:

« 自然の一コマ/その9 霧の静 | トップページ | 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ »