« 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ | トップページ | 湯の丸高原 2011 つつじ開花状況 最新版 »

2011年6月21日 (火)

長野原線 太子駅

長野原線、これは、現在の吾妻線の旧名です。1971年に長野原駅(現 長野原草津口駅)から西の大前駅まで延長された路線が開業し、吾妻線と改名されました。この開通の後に、長野原から北方面の太子(おおし)駅に伸びていた貨物線は、廃止となりました。この貨物線は、鉄鉱石や草津で採れる硫黄運搬の貨物線として活躍しました。子供のころに長野原駅に円柱形の硫黄を載せた貨車が常時行き来していたことを記憶しています。

   Cimg0001             現在の長野原駅 上野方面を望む

手前のあたりに太子からの貨物の引き込み線があり、貨車が停車していました。

1954年の今日(6月21日)、この太子線は、貨物専用線から旅客線に変更されていましたが、需要の少なかったこの路線は、紹介の通り後に廃線となってしまいました。

現在も、橋梁やトンネルが現存しており、廃線マニア?には魅力のある路線のようです。いつかその写真を収められたら紹介します。(いつもオンタイムでなくてすみません。)

現在吾妻線の岩島駅と長野原草津口駅の間は、八ッ場ダム関連の付替え工事により、工事が着々と進行しています。付替えに伴って廃線となる路線を現在記録中です。

Cimg0003

Cimg0006

先に見える付替え道路を潜り抜けていく185系特急草津号と湘南色115系普通列車。この風景も付替えに伴い、近い将来見られなくなります。

|

« 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ | トップページ | 湯の丸高原 2011 つつじ開花状況 最新版 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長野原線 太子駅:

« 自然の一コマ/その10 山々の日暮れ | トップページ | 湯の丸高原 2011 つつじ開花状況 最新版 »