« 三人官女って何人独身でしょうか ? | トップページ | 吾妻線 付替え工事の今 »

2011年3月24日 (木)

善光寺 地震柱

東北関東大震災の日、実は長野の善光寺に行っていました。震災当日ということで、この記事をアップしませんでしたが、あえて善光寺に震災に遭われた方達の一刻も早い復興を願って本日、アップいたしました。

Cimg0026

震災でお亡くなりになった方達のご冥福と、地域の皆様の早期の復興をお祈りいたします。

この日、家族の安全祈願のために長野の国宝善光寺にお参りに来ていました。善光寺は、人間の煩悩の数の108本の柱が使われているそうです。そして、地震柱と言われる柱があり、その柱は、土台から大きくねじれて、ずれています。そんなウンチクを家族に話ながらお参りを済ませました。

Cimg0017

※写真内は、すべて家族とは関係ありません。

Cimg0022

Cimg0025

山門の看板です。ハトが字の中に五羽隠れているそうですよ。

Cimg0005

Cimg0021

六地蔵は、あの世への道先案内人です。震災で亡くなられた方達は、四十九日を過ぎると旅立たなければなりません。無事に皆さん天国へ行けますように・・・・。

0004

Cimg0019

善光寺名物、七味唐辛子です。善光寺に行くと必ず購入します。

Cimg0018

このお店で、おまんじゅうも購入しました。高田屋さん、おいしかったですよ。

帰路に、高速道路を使ったのですが、その帰りに立ち寄ったお店のレシートを確認したら、震災時刻直前でした。高速道路の走行中に地震があったと思って身震いしていたのですが、地震は買い物を済ませて、車を発進させた頃でした。だから、私たち家族は、全然地震の気配を感じなかったのです。善光寺さん(地元の人たちは、このように呼んでいます。)が守ってくれたのでしょうか。

さて、先ほどお話しした「地震柱」ですが、最近の研究では、地震でずれたのではなく、乾燥した柱が建立までに間に合わず、常に二本セットの対柱が、乾燥したら互いに逆に曲がるのを計算して建てたとの説が正しいとされています。こちらに行かれたら是非入り口の柱を見てください。

|

« 三人官女って何人独身でしょうか ? | トップページ | 吾妻線 付替え工事の今 »

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺 地震柱:

« 三人官女って何人独身でしょうか ? | トップページ | 吾妻線 付替え工事の今 »